オイルミストとは?

オイルミストは空気中に浮遊する油の滴からできています。。その粒子サイズは 1-10μm程度とバクテリアと同じサイズです。オイルミストは加工時の潤滑性確保や切りくずを除去するために、油や油性クーラントが使用される多くの加工工程で発生します。旋盤加工、ミリング、研削加工、ドリル加工などがそれにあたります。加えて樹脂加工、ゴム加工、繊維加工、金属圧延さらには(高周波)熱処理でも発生することがあります。

オイルミストの量単位にはmg/m3が用いられます。職場で許容されるその上限量は国によって異なります。アブソーレントは貴社で測定を行い貴社の環境にあわせたご提案をいたします。以下をクリックください。

Read more about this here.

オイルミストを捕まえる?

オイルミストを捕まえる最も効率的な方法は源で抑えること。工程の気密性と気圧が高ければ高いほどエネルギーの節約となります。設置されたアブソーレントの装置が効率的に工程内の排気を回収し、働く方とその職場環境を汚染から守ります。

工程に開口部がある場合でも、アブソーレントはアクセサリー、フード等の使用によって、手軽にエネルギーを節約した解決策をご提案させていただきます。

 

 

アブソーレントにはいつも答えがある!

アブソーレントのフィルター装置には複数のフィルターカセットが入っています。カセットに入っているフィルターはお客様のために配合され加工された材料からできています。当社だけのものです。

バイクとトラック、ともに車両でありながらかけ離れたものですね?アブソーレントは全てのニーズに対応するには色々なのフィルター装置が必要と考えています。お客様にあわせたかたちでトラックかバイクあるいはその中間をご提供できる会社です。

 

その原理は?

まずオイルミストや油煙を含んだ空気がフィルター装置の一番下に吸い込まれます。ここがフィルターレーションの始まりとなり、大きく重い粒子を捕まえます。このフィルターで捕らえられた油分が滴となり装置下のタンクに溜まり、定期的にポンプで機外に排出されます。この油を加工機械に戻すも、容器にためるも、あるいは油再利用システムに戻すもお客様のご意思次第です。

一番下のフィルターを通過した油粒子はその上のフィルターで捕まり油滴が下に落下します。これが “Catch and Release” の原理です。この原理は加工機が稼働中常にフィルター装置内で作動しています。油抜き、清掃といったカセットのメンテナンスのために機械稼働をとめる時代は終わりました。

どの装置でもアブソーレントのフィルタレーションはH13クラスHEPAフィルターカセットが終着点です。ここで職場環境での空気清浄度99.97%(0.3ミクロン以上の有害な粒子対象)が保証されます。フィルターレーションを通過したこの空気をどうするかはその地域の法令次第となります。そのまま職場に戻すのか、または熱交換器を通して戻すのか? 暖められた空気の有効活用にご興味がある方はクリックください。  click here.